はじめに 外科医の手の震え/書痙(神経症)と苦しみ、そして克服 - 外科医神経症闘症記(手の震え、あがり症、書痙) 克服の体験記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに 外科医の手の震え/書痙(神経症)と苦しみ、そして克服

手の震え克服方法と書痙が治った体験記 神経症の治し方 ◆このサイト【外科医神経症闘症記】について

外科医の私が手の震え・書痙・自律神経失調症・あがり症・心身症・不安神経症・不眠症に陥ったときの記録と神経症から脱出するためのヒントがのっています。

もともと自律神経のバランスが崩れながら、手が震えることからはじまって、どんどん上のような症状になっていきました。

神経症の時期は、とても困難なものでした。

私には治しようも治りようもなかったし、先々のことを考えると、暗い気持ちしか寄って来ませんでした。

人間は気をくよくよと病み始めると際限なく悪化していくものです。

私は手術時の手の震えからはじまり、書痙にも波及しました。




◆先生へ感謝の言葉

このブログを私のかけがえのない岩波先生に最大限感謝の気持ちを捧げます

あなただけでした、私を手の震え・神経症から解放してくれたのは。

無意識へメスを入れられる圧巻の手段と超高度な技術を提供してくれました。

私自身もどうにもならないメンタルの悩みを改善するために頑張れたと思います。

頑張れたのはやっぱり先生の力でしたが。

希望と夢を与えてくださり、取り戻させていただき、ありがとうございました。



BJ

外科医神経症闘症記』カテゴリ別目次
関連記事

コメント

手の震えと書痙

ありがとうございます。
このブログをきっかけに先生に会うことができ、
過緊張による手の震えや書痙から解放されました。
このブログがなかったら今も真っ暗闇の中にいました。
非公開コメント

BlackJackプロフィール

blackjack7777

Author:blackjack7777
外科医の私が緊張性の手の震え・書痙・自律神経失調症・あがり症・強迫観念と心身症・不安神経症、不眠症に陥ったときの記録と神経症から脱出するためのヒントがのっています。


もともと過緊張から手が震えることから始まり、書痙や自律神経失調症の悪化、さらにストレスがストレスを呼び心身症や不安神経症、不眠症とボロボロになってしまいました。
自力で必死に助かろうともがくほど、人は簡単に際限なく症状が悪化していくものです。


私を救ってくれたかけがえのない先生に最大限感謝の気持ちを捧げます。あなただけでした、私を手の震えや書痙などの神経症から解放してくれたのは。
私自身も頑張れたと思います。頑張れたのはやっぱり先生の力でしたが。


私宛のメールはこちらから
ブラックジャックへのメール
主に私が受けた心理脳内プログラムについて相談がありましたら、こちらにどうぞ。
一刻も早く皆さんがご自分の抱えられている悩みを解決できるように私も頑張りたいと思います。これ以上人生も職も生きがいも失ってはなりません! 
私も忙しい職業ですので本気で相談した人だけお願いいたします

にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
手の震え克服、書痙克服、社会不安障害克服

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。