書痙について 書痙克服するためにやったこと 外科医書痙克服記録 - 外科医神経症闘症記(手の震え、あがり症、書痙) 克服の体験記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書痙について 書痙克服するためにやったこと 外科医書痙克服記録

手の震え克服方法と書痙が治った体験記 岩波英知先生の脳覚醒技術体験記 手術時の手の震えが一番の懸念材料だった私ですが、書痙にも悩まされてきました。

字を書く時に手が震える症状を書痙と言います。

特に人前で文字を書くとき、書痙が発症します。

結局書痙も手の震えの一種なわけで、私も書痙になっても何ら不思議ではなかったわけです。





でも、字を書く機会は非常に多い

冠婚葬祭の記帳する時、サイン、署名をする時、クレジットカード支払い時の名前を書く時、学校に通っている人ならいくらでも機会があるし、仕事でも細かいところで人前で文字を書かなければならない。

社会人として生きている以上は、文字を書くことから逃れらない。

もし白バイの隊員が書痙だったら、せっかくの憧れの仕事に就けたとしても、青切符に文字をたくさん書かなければならないため、非常に追い込まれるでしょう。

そんなこと(普通考えもしないことでしょうね)を当時考えて、書痙ってかなり仕事が制限されるものなんだと心がクサクサしていたものです。




私の場合、カルテという厄介なものもありました。

私はなるべく日常生活でも、サインではなく、捺印ですませていたし、クレジットカード支払いも暗証番号ですませていました。

メインでつかっていたAMEXカードは、ショッピング時にサインが必要となるので、解約をしたぐらいです(とはいえ、現金派でも、お金の受け渡しで震えたらどうしようと思ってしまうからきりがない)。

それくらい気を使って書痙を必死で避けようと生きてきたわけで、どれだけ日常振り回されていたかわかると思います。

書痙を抑えようとすればするほど、意識が手、腕に集中してしまい、ますます書痙がひどくなる、あの悪循環は厄介です。

人前で文字を書くことへの恐怖感だけが募り、ましてや震えて文字が汚くなったときには、ますますトラウマを上書きしてしまうことになりかねない。





書痙についても、私の克服しようとするあらゆる努力が水泡に帰し、絶望が襲ってきました

いくら努力しても達成できないことほど、心がやられることはないでしょう。

いわゆる予期不安(文字を面前で書く機会)が日常生活をも抑うつ状態に変えてしまいました。

その当時の私の心象風景は荒野の冬のイメージです。

緑も水もまったくない、荒涼とした荒れ地に冷たい風が吹くような。




結局、書痙の原因は緊張が過ぎたため、またはそれが常態化してしまって、もう理由がなく震えるようになったことです。

精神的な原因(過緊張、ストレス)の場合、手術をして治るわけでもないし、自力で治そうとしても悪循環にはまるだけ。

結局、私のあらゆる表面的対策はどれも無駄でした(表面的とはいえ必死でした)。

根本から緊張しなくなる自分、または緊張してても受け流すことができる自分、緊張に強くなる自分になるしか書痙克服はできませんでした。




緊張なぞあっていい! 緊張してこそ人間だし、それがパワーにもなる

緊張をゼロにしようと努力すると、結果はついてこない。

過緊張の多くの人のいけない所は、緊張がゼロになって欲しいと考えてしまうところかもしれない。

そんなものはあり得ない夢物語であって、緊張していいし、そんな自分を許すことです。

いきなり肯定感を持つことは確かに難しいかもしれません。

しかし、震えてしまうのは私だけじゃなく、私と同じ人生を歩んで来た人ならば、必ずそうなるんだという風におもえたら、気持ちが楽になります。




その上で、リラックス感を体に味あわせ、いざその場面になっても、リラックス感を引っ張り出せる呼吸法の訓練をしました。

よく自律訓練法がいいという話も聞くし、私もやりましたが、自律訓練法で上手くいく人はほんの一握り、いやそれ以下だと思います。

トランス呼吸法なら、やればやるほど誰でもうまくいくし、体の変化が味わえます。

岩波先生の指導で呼吸法をやり、さらに鍛錬、研鑽を続けました。

とにかく必死で訓練を励み、また意識改革もして、抑圧も外して、ちゃんと認知療法的アプローチをして心の整理をして、手の震えや書痙を克服できました。




緊張が緊張を呼ぶ悪循環をまず破壊しなくちゃ、最悪から抜け出せなかったし、そのために根本から自分を変えていく方法しかなかった。

書痙克服にはやることはたくさんあります。

考え方も変えなくちゃいけないし、今までの自分を大変革させる意気込みも必要

常に体を固めてしまうことをやるよりも(常に悩み対策のことを考えてしまう)、脳も心も体も弛緩させる遊びのある生き方、それが大事だと思います。

コメント

手の震えや極度の緊張で会社を休職せざるを得なくなりました。デパスを飲んでも効果がなく、合わない薬で、副作用もひどかったです。

そんな折、ブラックジャックさんのブログを拝見しました。

岩波先生というスゴ腕セラピストがいることを知り、現在お世話になっています。

呼吸法の重要性は先生から教わっていましたが、実際極度の緊張症が治った方から呼吸法の重要性を改めて教えていただき、すごいモチベーションとなっています。

スゴ腕との評判通り、破格な方ですね、岩波先生は。休職から復帰する意欲も出てきましたし、みんな頑張っているのだから、私も負けていられません!

このような体験記を書いていただき、また極度の緊張症を治す機会を与えていただき感謝しています。

私も医者です

お疲れ様です
私も手術はしないですが、医者をしています。
書痙に悩んでいます。
お書きになっている「カルテの時書痙が気になる」という記述がまさに私です。
どうしても書痙がおさまらず、完全にパソコン打ち込みにしました。
カルテ記述の時の書痙はひとまず解放されましたが、根本的に書痙や手の震えが治ったわけではありません。
やはり細かいところで文字を書かなければいけないことも多く、その都度苦しんでいます。
素晴らしい心理セラピストとの出会いが突破口になったのですね。
参考にさせていただきます。
もう一人の力では書痙、手の震えは治すことはできないと思っています
非公開コメント

BlackJackプロフィール

blackjack7777

Author:blackjack7777
外科医の私が緊張性の手の震え・書痙・自律神経失調症・あがり症・強迫観念と心身症・不安神経症、不眠症に陥ったときの記録と神経症から脱出するためのヒントがのっています。


もともと過緊張から手が震えることから始まり、書痙や自律神経失調症の悪化、さらにストレスがストレスを呼び心身症や不安神経症、不眠症とボロボロになってしまいました。
自力で必死に助かろうともがくほど、人は簡単に際限なく症状が悪化していくものです。


私を救ってくれたかけがえのない先生に最大限感謝の気持ちを捧げます。あなただけでした、私を手の震えや書痙などの神経症から解放してくれたのは。
私自身も頑張れたと思います。頑張れたのはやっぱり先生の力でしたが。


私宛のメールはこちらから
ブラックジャックへのメール
主に私が受けた心理脳内プログラムについて相談がありましたら、こちらにどうぞ。
一刻も早く皆さんがご自分の抱えられている悩みを解決できるように私も頑張りたいと思います。これ以上人生も職も生きがいも失ってはなりません! 
私も忙しい職業ですので本気で相談した人だけお願いいたします

にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
手の震え克服、書痙克服、社会不安障害克服

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。