外科医神経症闘症記 昔、手の震えと書痙に苦しめられた外科医の話 目次 - 外科医神経症闘症記(手の震え、あがり症、書痙) 克服の体験記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外科医神経症闘症記 昔、手の震えと書痙に苦しめられた外科医の話 目次

手術時の緊張性手の震え

かつて緊張性の手の震え、書痙や自律神経失調症、不眠症などで苦しめられた外科医のブログです。

体験記や私の克服した方法についてブログに書いていきます。


当ブログのカテゴリー別目次です。




主に私が受けた心理脳内プログラムについて相談がありましたら、こちらにどうぞ。
一刻も早く皆さんがご自分の抱えられている悩みを解決できるように私も頑張りたいと思います。
これ以上人生も職も生きがいも失ってはなりません! 
私も忙しい職業ですので本気
で相談したい人だけお願いします。

関連記事

コメント

全部読みました

医師をやっております。
BLACK JACK先生のこのブログと出会ったのは実は岩波先生の心理プログラムを受けたあとでした。
もっと早くにBLACK JACK先生のブログを見つけていたら、何年も前に岩波先生のプログラムに通えたと思います。もったいないことをしてしまいました。

私も手が震える症状がありましたが、それ以前にあがり症がひどくて、人前でスピーチすることが困難でした。薬を飲んで騙し騙しやっていましたが、根本克服するしかないと思い、その結果人前でスピーチすることに何の緊張もでなくなりました。
幸いオペをしないので手の震えの方で苦しんだ経験は少なかったのですが、ギリギリの状況で克服されたBLACKJACK先生の苦労と素晴らしさに感服いたします。
私はまだまだ甘かったと思い知らされました。
これからもご活躍を祈っております。
非公開コメント

BlackJackプロフィール

blackjack7777

Author:blackjack7777
外科医の私が緊張性の手の震え・書痙・自律神経失調症・あがり症・強迫観念と心身症・不安神経症、不眠症に陥ったときの記録と神経症から脱出するためのヒントがのっています。


もともと過緊張から手が震えることから始まり、書痙や自律神経失調症の悪化、さらにストレスがストレスを呼び心身症や不安神経症、不眠症とボロボロになってしまいました。
自力で必死に助かろうともがくほど、人は簡単に際限なく症状が悪化していくものです。


私を救ってくれたかけがえのない先生に最大限感謝の気持ちを捧げます。あなただけでした、私を手の震えや書痙などの神経症から解放してくれたのは。
私自身も頑張れたと思います。頑張れたのはやっぱり先生の力でしたが。


私宛のメールはこちらから
ブラックジャックへのメール
主に私が受けた心理脳内プログラムについて相談がありましたら、こちらにどうぞ。
一刻も早く皆さんがご自分の抱えられている悩みを解決できるように私も頑張りたいと思います。これ以上人生も職も生きがいも失ってはなりません! 
私も忙しい職業ですので本気で相談した人だけお願いいたします

にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
手の震え克服、書痙克服、社会不安障害克服

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。